緑黄色野菜の濃縮エキスといわれるスピルリナでしっかり栄養補給!

京のくすり屋さんの「スピルリナ粉末」をお試しさせていただきました。

スピルリナ

●スピルリナは、35億年以上も前から地球に存在している螺旋状の藻

“藻”なので光合成をして育ちます。

スピルリナ粉末に使われているスピルリナは、無農薬で、太陽の光をたくさん浴びて育った天然培養品。
光合成が自然に行われているため、栄養成分を豊富に含んでいます。

 
●天然のマルチサプリメントといわれるスピルリナ

スピルリナには、アフリカの原住民には何千年も前から食されてきた歴史があります。

必須アミノ酸をはじめ、ビタミンやβ-カロテンなどの栄養素をふんだんに含んでいて、別名「緑黄色野菜の濃縮ジュース」といわれています。

母乳に含まれている大切な栄養素「γリノレン酸」という成分も含まれています。

スピルリナ

黒に近いくらい濃い緑色をしています。
ニオイは乾燥わかめのような、ほのかな磯の香りがします。

さらっさらでとっても細かなパウダーなので、扱いに注意しないと知らず知らずのうちに周りに粉が飛び散っていたりします(^^;

ティースプーン1杯(約2g)をそのまま、もしくはヨーグルト、野菜ジュース、牛乳、お水などに入れて飲みます。

スピルリナ

こちらはお水に溶かしたもの。
全体的にサッと溶けるのですが、多少溶け残りがあります。

ちょっぴり飲むのを躊躇してしまうくらいすごい色。
苦い?青臭い?などと思いながら怖々飲んでみたのですが、味は薄〜いワカメのようなぼんやりとした味です。

色の濃さとは裏腹、味はとってもほんわかとしています。

美味しい!!というほどのお味ではありませんが、穏やかな味なので飲みやすいとは思います。

スピルリナ

こちらは牛乳に溶かしたもの。
冷たい牛乳だとちょっと溶けにくく、溶け残りもお水の時よりも多くなってしまいました。

お味は…牛乳で割っても意外とスピルリナの味は薄まりません。
ぼんやりとした味なのに、結構主張しています(笑)

 
スピルリナには、免疫力を高めたり、抗炎症作用、貧血予防、アレルギー症状の緩和、ダイエットなどに効果があるといわれています。

食欲が落ちる暑い夏にはあっさりとした麺類などが増え、栄養が偏り夏太りになってしまうことも多いようです。

緑黄色野菜の濃縮エキスといわれる“スピルリナ”でしっかり栄養補給をして、健康で元気な日々を過ごしたいです♪

詳細・購入はこちらから→ 京のくすり屋 -楽天市場店- ≫ スピルリナ粉末

京都1948年創業 京のくすり屋ファンサイト参加中

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.