国産サラブレッドプラセンタでうるうる肌になれる「潤瑠(うるる)」

豚プラセンタに比べてアミノ酸含有量が約300倍もあるというサラブレッドプラセンタを使用したサプリメント、プラセンタ・プルミエ 潤瑠を飲んでみました。

潤瑠

スポンサーリンク

プラセンタ・プルミエ 潤瑠の厳選素材

●プラセンタ
 フランス語で胎盤を意味し、赤ちゃんを守り育てることから“生命のゆりかご”と呼ばれています。
 美しく若々しい身体を作るために必要なアミノ酸を豊富に含み、美容と健康に優れた素材。

●コラーゲン
 少女のように輝く若々しさに欠かせない“弾力”と“ツヤ”をサポート。

●ヒアルロン酸
 みずみずしく見せるために欠かせない“弾力”と“うるおい”をサポート。
 保湿に優れ、1gにつき6リットルもの水分を保有できるといわれています。

●酵母
 核酸・ビタミンB2・ビタミンB6・アミノ酸などを栄養素を豊富に含み、“酵素の母”と呼ばれています。
 美容と健康に優れた力を発揮します。

●ローズヒップ
 バラの果実で、“ビタミンCの爆弾”ともいわれ、その含有量はレモンの約20倍。
 透明感を演出するとともに、女性特有の不調にもよいとされています。

潤瑠

生命の源・アミノ酸は身体の約20%を占める!

アミノ酸は地球に存在する最も古い栄養成分で、私たちの体のうち、皮膚や内蔵、血管、爪や骨など身体の約20%がたんぱく質(アミノ酸)で作られています。
また、肌の細胞や肌を内側から支えるコラーゲンもアミノ酸により構成されています。

アミノ酸が不足することにより、体調不良や肌荒れなどあらゆる不調が引き起こされることからもわかるように、アミノ酸は正常なターンオーバーによる、健やかな肌に欠かせない成分なのです!

潤瑠

潤瑠はこんな風に1粒ずつ分けて包装(PTPっていうんでしたっけ?)されているから、雑菌などが入り込むことなく最後まで清潔な状態・品質を保ってくれます。

粒の大きさは19×7ミリほどで、ちょっぴり大きめでしょうか。

潤瑠

1日の摂取目安は1粒。
でも、体調やお肌の状態などによって、1日2〜3粒飲んでもいいようです。

健康食品なのでいつ飲んでもいいということなので、就寝前に飲んでいます。

だって「肌は夜作られる」っていいますものね。
肌細胞は夜の10時から2時の間に作られるため、この時間帯の睡眠が大切とされています。
それと同時にこの時間帯に、新しい細胞を作るための栄養素を摂ることも大切だと思っているんです♪

飲み始めて1週間くらい経った頃からでしょうか、少しずつ肌のハリとツヤを感じるようになってきました。
それに、肌が柔らかくなってきたようにも感じています。

ほっぺを指で押すと、弾むような感じというか、押し返してくるような弾力を感じるんです!
これ、カサカサシワシワしている時には感じられない感触なので、思わずニンマリしてしまいます♪

さらに、いらいらすることが減ってきたような気がします。
これって、潤瑠に配合されているローズヒップの効果もあるのでしょうか。
ローズヒップは女性特有の身体の不調を和らげたり、イライラを抑えてくれる効果が期待できるっていいますものね。

飲み続けることで、お肌にも、心にもいい効果が期待できるサプリメントだな〜って思いました(^^*)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.