ANBANの和漢たっぷりリンスの要らないシャンプー

すっぴんが基本のシンプルスキンケア「ANBAN」の本日(6月25日)発売の和漢たっぷりシャンプーを、発売前にお試しさせていただきました♪

ANBAN

ANBANは、京都で生まれ育った姉妹が立ち上げたナチュラルスキンケアブランド。

しっとりとした京女…というよりも、サバサバしていてカッコいい女性ってイメージのあるお二人。
同封されていた冊子や、ANBAN通信を読むと、どっちかというと「大阪の人」って感じがします(^^;

そんなお二人が立ち上げた「ANBAN」は・・・

・京都で作る
・スキンケアはシンプルに
・価格も肌にやさしいこと

この3つにこだわって作られています。

材料にも相当のこだわりがあって、材料の「らしさ」を一番感じられる「旬=最も輝いている時期」に収穫
様々な和漢がたっぷり使われているので、材料を揃えるだけでも一年かかってしまうそうです!

ANBAN

リンスの要らないシャンプーは、ANBAN特製の28種類の和漢植物エキスが髪と頭皮の環境を整えてくれるシャンプー

お試しさせていただいた段階では詳細は伏せられていたのですが、わかっている範囲で説明すると・・

ナツメ果実エキス、カンゾウ根エキス、アロエベラ葉エキス、オタネニンジン根エキス、アーチチョークエキス、ウコン根エキス、クロレラエキスなどが配合されているようです。

これら和漢植物のエキスが頭皮と髪を健やかに保ってくれるというわけですね♪

だから、こんな悩みがある人にオススメなんだそう。

・抜け毛が気になる
・強い香りが苦手
・頭皮をいたわりたい
・洗髪が正直めんどうだ
・フケやかゆみが気になる
・ふんわり感が欲しい
・髪の毛にコシがない

ANBAN

色味といい香りといい、最初「ジンジャーエールっぽい」と思ったのですが、“月桂樹”の香りなんですって。

いかにも“和漢”って感じのスッキリとした香りが頭皮によさそうって思えます。

わずかにとろみのあるシャンプーで、泡立ちはよくしっかりと泡立ってくれます。
キシミもないから、髪が指にひっかかることもなく、頭皮をマッサージするようにきちんと洗えるところが嬉しいです。

メントール系などのスッキリする成分が入っているわけではないのですが、頭皮までスッキリ気持ちよく洗えます。

泡切れもよく、すすいでいる時にもキシまないから、さっと洗い流せます。

で、一番気になっていた「リンスが要らない」というところ。。。

確かに髪はしっとりとしていますし、リンスなしでもなめらかです。

ただ、毛先はリンスなしだとパサパサしてしまいました。
結構傷んでいるから、これは仕方ないかな…って感じです(^^;

健康な髪の人なら本当にリンスなしでも大丈夫だと思いますよ。
だって、私の髪も毛先以外は、しっとりとしていますから。

今回は3回しか使えなかったので、もうちょっと続けて使ってみたい気がするシャンプーでした。

詳細はぜひANBANのホームページでご確認ください♪ → ANBAN original from kyoto

株式会社京LOCO
ANBANファンサイト参加中

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.