桜花媛(さくらひめ)モイスチャーシリーズをセットで使ってみて♪

桜花媛モイスチャーシリーズを4点セット(化粧水・美容液・乳液・クリーム)で使ってみました。

桜花媛

スポンサーリンク

桜花媛モイスチャースキンローション(化粧水)

保湿成分が配合されたとろみのあるテクスチャーが、かさつく肌にうるおいを集中チャージ。乾燥から肌を守り、もちもち肌へ導きます。

桜花媛

とろんとしたテクスチャーのローションだから、つけてすぐにぐんぐん浸透するって感じではありません。
でも、パッティングをしたり、ハンドプレスをしたりすることで、ローションの浸透がぐっとよくなります。

このローションは結構保湿力が高いので、使い始めてすぐの頃はベタつきとまではいかないけれど、ぴた〜っと肌に吸い付く感じがすごくして、本当はちょっぴり苦手だったんです。

でも使い続けているうちにペタペタ感が減ってきたのです。
だからといって決して潤っていないんじゃなくて、肌はふっくらもちもちしています。

インナードライが改善されてきたってことなのかなぁ!?と勝手に解釈して、喜んでいます(^^*)

桜花媛モイスチャーエッセンシャルコンディショナー

植物や海藻由来の美容成分をたっぷりと配合。
みずみずしさがあふれるなめらかな肌を持続させます。かさつく肌にうるおいの1滴。

桜花媛

とろっととろみのあるエッセンス。
伸びがいいから少量でも顔全体になじませることができますし、つけてすぐ肌に染み込んでいく感じです。

ローションだけだとペタペタが気になるのだけれど、ローションのあとにエッセンスをつけることで、ペタペタ感が解消されるという不思議な感じを味わえました。

桜花媛モイスチャーミルキーコンディショナー

保湿成分のベールで肌を包み込み、うるおいを逃しません。
うるおいとともにハリと弾力を与えます。

桜花媛

すこしとろみがあってぷるんとしたみずみずしさを感じる乳液です。
伸びも浸透もよく、肌が薄いベールで包まれたようになって、乾燥から守ってくれてる感じがします。

乳液って普段あまり使わなかったのですが、うるおいを閉じ込める役目としても、またフェイスマッサージの役目としてなど、いろんな使い方ができたんですね。

私はフェイスマッサージが気に入ってしまいました。
クリームでのマッサージはどうしてもヌルヌル感がするし、マッサージ後に拭き取りたくなってしまうのですが、乳液でのマッサージはサラッとしているからヌルヌルをあまり感じないで済むんです。
マッサージ後もしっとりはしますが、拭き取りたいと思うほどのベタつきなどはありませんでした。

桜花媛モイスチャーナイトクリーム

お手入れの最後のクリームで、肌のうるおいを抱え込んで逃がしません。
乾燥を繰り返す肌にうるおいとツヤ・ハリ・弾力を与えます。

桜花媛

コクはあるけれどぷるんとみずみずしいジェルクリームです。
伸びがいいので少量でも十分。

ただ浸透はじっくり…という感じです。
結構もちもちとして、ベタつきではないけれど、ピトピトと手のひらに吸い付く感じがします。
肌になじませると20〜30分はツヤのベールがかかったようになって、肌がツヤツヤしています。

日中のケアにも使えるようですが、日中使うとベタつきが気になってしまうので、私的には夜だけかなぁ。

でもその分、お肌のうるおい効果は抜群で、翌朝の肌のふっくらモチモチ度はすごいですよ!

桜花媛モイスチャーシリーズをラインで使ってみて

乾燥に特化した化粧品というだけあって、どのアイテムも保湿力がすごいです!
今の季節にはとっても嬉しい保湿力!

でも、夏のお手入れにはちょっと保湿力高すぎるかな…と思ったりもします。
乾燥する冬の間にしっかりとお手入れをして、暑くなる前に使い切るのがいいかも♪

 
4アイテムとも香りはほぼ無香といってもいいくらい、かすかにする程度。
それに肌の状態が不安定な時に使ってもピリピリしたり痒みが出たりすることもありませんでした。

ラインで使うことでそれぞれのアイテムの効果がより増したというのもあるかもしれません。
厳しい乾燥にも負けない、乾燥知らずのうるうる肌になれましたよ(^^*)♪

詳細・購入はこちらから→ 桜花媛モイスチャーナイトクリーム

  

桜花媛(さくらひめ)化粧品ファンサイト参加中

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.