ひと塗りでシミが消えて艶やかな“生肌”が完成する「カバーマーク フローレスフィット」

カバーマークさんのモニターに参加して、美しい人肌のもつ「ツヤ・質感・みずみずしさ」を再現するクリームコンパクトファンデーション フローレス フィットをお試しさせていただきましたブログで口コミプロモーションならレビューブログ

フローレスフィット

独自の生肌(きはだ)ヴェールが、美しい人肌を再現!
シミ、くすみ、凸凹部分をカバーしながら、潤っている肌の「ツヤ・質感」を与えてくれます。

細胞間脂質類似成分(※)配合で、肌から蒸散する水分を抱え込み、瑞々しさをたもってくれます。
(※)保湿成分;セラミド、植物性コレステロール、パルミチン酸

フローレスフィット

高級感のある光沢のある黒っぽいケース。
最近どんどん華やかなケースになってきているような気がしていたので、こういうシンプルなものって新鮮な気がして気に入りました♪

フローレスフィット

ケースにリフィルをセットします。
今回私が使ったのは「FN10」という赤味と黄味の中間で、最も明るい色です。

フローレスフィット

スポンジは肌に触れると気持ちいいって感じるほど、なめらかでとっても柔らか。

クリームファンデーションですが、ケースに収まっている間は垂れたり流れたりすることがない程度に固まっていますが、指で触っていると体温で溶けるように柔らかくなります。

フローレスフィット

化粧下地で肌を整えた後、ファンデーションの表面を軽くなでるようにして、スポンジに適量(1〜2なで)とります。

面積の広い頬から顔全体にムラなく伸ばします。気になる部分には、スポンジに少量ファンデーションを付け足し、トントンと軽く叩き込むようにしてなじませます。

と、説明されていたのでその通りにしてみると・・・

ホントにカバー力はスゴいと思います。
薄づきの超ナチュラルメイクというよりは、しっかり塗って素肌っぽく見せてるって感じかなぁ。

薄いシミなら一度塗っただけでも隠れてしまうほどカバー力があります。
顔に居座っている濃いシミは、さらに重ねづけすると気にならない程度に隠れます。
このとき、スポンジで重ねづけするよりも、指先に少しだけファンデをつけて叩き込んだ方が、素肌っぽく仕上がるように感じました。

フローレスフィット

キメの粗い手で試しているので、イマイチきれいさが伝わらないかもしれませんが、洗顔後にしっかりケアをしたお肌に塗ると、ほんのりツヤのあるセミマットな感じの肌になりました。

お化粧直しをしてみたのですが、つけてあるものを美容液なんかで少し落とすようにしてから、あらためてファンデーションをつけた方がいいみたい。
何もしないで重ねづけをすると、ちょっと汚い感じになってしまいました(^▽^;

でも、朝つけるとキレイな状態をかなり長時間保ってくれるので、敢えてお化粧直しはしなくても大丈夫そうです。
保湿力もあるから、一日しっとりした肌でいられるのも嬉しいですよ♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.