乾いた髪にも使える、素手でも使える、ヘアカラートリートメント「煌髪(きらり)」

「染めながら育む」新毛髪浸透技術と、手袋いらずの「手軽さ」の2つを兼ね備えた新発想の白髪用カラートリートメントに出会いました。

ナノエッグさんのモニターに参加して白髪用カラートリートメント煌髪(キラリ)をモニターさせていただいていますブログで口コミプロモーションならレビューブログ

煌髪

スポンサーリンク

白髪用カラートリートメント煌髪(キラリ)の特徴

天然染料のウコンとシコンは、少ない色素でもしっかり浸透するから、地肌や髪への負担が少なく、内側から徐々に自然な色合いに染め上げます。

また、バランスよく配合された18種類もの保湿・補修・保護成分が髪の深部まで浸透することで、輝きとハリのある生き生きとした髪に導きます。

煌髪

乾いた髪にも、塗れた髪にも使える

染め始めの数日間や、しっかり染めたい時には、シャンプー前の乾いた髪に10分間。
色が定着してきたら、シャンプー後のトリートメント代わりに。

ブラックを使ってみました

煌髪

ちなみに煌髪カラートリートメントは、ダークブラウン、ライトブラウン、ブラックの3色展開。
(ライトブラウンは11/1発売の新商品です♪)

わりとしっかりとしたテクスチャのクリームです。
香りは…白髪染めのようにツンとしたニオイはなく、ふんわりやさしい香りがします。

頭皮への刺激がない!数回使うとけっこうしっかり染まる!

煌髪

季節の変わり目って頭皮がかなり敏感になっていて、白髪染めとかが出来ないのでかなり白髪が目立っていました。
頭皮大丈夫かなぁ…と思いつつ、ちょっとだけ塗ってみて…

全然刺激とかを感じなかったので、思い切って白髪が気になるところ全体に塗布してみました。

素手で使えるから、白髪が気になるところだけに細かく塗れるのが便利です。
塗って10分ほど放置。

この間、私の頭皮はまったく刺激を感じず、痒くなったりすることもありませんでした(^^)

1回使用した後は少し色付いたかな〜って感じに。

煌髪

始めのうちは毎日連続で使った方がよかったのかもしれないのですが、とびとびで4回使ったのがこちら。

“白髪〜”って感じはなくなって、全体的に黒っぽくなっています!

これ、まったく頭皮に刺激になることなく染められるんです。
頭皮の弱い私にとってはめちゃめちゃ嬉しいアイテムです。

シャンプー前の乾いた髪に使えるのがとても便利

シャンプー前に使う白髪染めというと、

手袋をしてケープをして、飛び散っても大丈夫なように新聞紙を敷いて…
と、準備をするのが大変だったりしますよね。

でも、煌髪(きらり)は素手で使えるから、面倒な準備をすることなく、思い立ったときにサッと塗るだけでいいんです。

 
それに、乾いた髪に使うことでよく染まる・使う量が少なめで済むという利点があります。

私は髪が多くて、長いために、シャンプー後の濡れた髪に使う時は、しっかりタオルドライをしてからでないと、全然染まりませんし、きっちり染めようと思うとかなりの量を使ってしまうのです。

ところが、乾いた髪に使うとそんなにたくさん使わなくても染まります♪

また、生え際だけとか、こめかみ周辺だけとか、ピンポイントで染めるのもとっても染めやすいです。

 
さらに、シャンプー後のヘアカラートリートメントには、素手で使えるとなっていても、実際には手袋をしないと手が染まってしまうものも結構あります。

濡れた手に手袋はしにくいですし、肌につかないようケープをするのも面倒くさい。
冬だと染めている間、寒いです。

 
そんな毛染め時の不満をすべて解消してくれるのが、乾いた髪にも使える・素手でも使える「白髪用カラートリートメント煌髪(キラリ)」なのです。

詳細・購入はこちらから→ ナノエッグ[楽天市場店]
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.