かゆみを抑える効果があるという【ユズ種子油】を試してみました

ユズが大好きなので『ユズのオイル!そんなのあるの!?』と飛びついてしまったのがコレ!

ユズ種子油

ユズ種子油

スポンサーリンク

オレイン酸やリノール酸が主体のユズ種子油

【ユズ種子油】はユズの種子から圧搾法で得られる半乾性油で、オレイン酸やリノール酸が主体となっています。

「オレイン酸」は、皮膚に含まれる脂肪酸中約20%を構成する大事な要素で、肌の乾燥・かさかさ肌の方に、第一に必要な保湿成分。

「リノール酸」は、体の健康や美しい肌にとって、とても大切な脂肪酸で、体では生み出すことが出来ない大事な脂肪酸です。

ユズ種子油

そのままスキンケアやヘアケアに使ったり、化粧品の基剤としても使える

■ユズ種子油のみで、あるいは、他のオイルと混合することで、手作り化粧品のマッサージオイル、スキンケアオイルに
■アロマテラピーのキャリアオイル、ベースオイルとして
■クリーム、乳液、パック、美容液等の手作り化粧品の配合成分として

ユズ種子油

オイルなのにベタつかずさらさらに!

オイルは淡い淡い黄金色で、サラッとしています。ユズということで、ユズの香りがするものだ…と勝手に思い込んでいたのですが、使ってみると普通のオイルの臭い。

種子をオイルにしてるのですから、ユズの香りなんてするわけないのに…。
わかっていたハズなのに…。ちょっとガッカリしてしまいましたΣ(T▽T;)

でも気を取り直して(笑)、使ってみました。

ユズ種子油

マッサージオイルとして使う場合のマッサージの仕方をイラスト表記してある冊子が入っていたので、その通りにクルクルしてみました。

ノビがいいので、肌の上を手のひらがスーッとすべってくれます。たっぷりめのオイルでマッサージしていますが、軽いつけ心地なのでベタベタせず、つけてしばらくするとサラサラになります。

柚子種子油は「読売新聞」や「日経新聞」で『柚子種子油はアトピー効果を抑える効果があるとのマウス実験結果を発表』と、取り上げられています。
ユズの種から抽出した油に、アトピー性皮膚炎のかゆみを抑える効果があるとの実験結果が発表されたそうです。

肌や頭皮のかゆみに効果あり!

私が一番期待したのは『かゆみを抑える効果がある』というところ。

一番かゆみが気になるのが頭皮なんです。
乾燥からもくるのですが、ストレスが溜まってくると猛烈にかゆみが強くなる(><)
ジミー大西さんみたいに掻きむしってしまうほどに…。実際に掻きむしりはしませんけどね(´▽`;

そこで、頭皮マッサージ中心にオイルを使ってみました。

まず、洗髪前の頭皮マッサージ。
オイルを手に取って頭皮に馴染ませマッサージ。特にかゆみが出がちな髪の生え際などは念入りにマッサージ。

これ、めちゃめちゃ気持ちいいです。頭や首のコリも取れるし、マッサージ後のシャンプーもいつも以上にスッキリするような感じがして一石二鳥♪

シャンプー後にはタオルドライしてから、いつもかゆみが出る部分にだけ薄くオイルをつけマッサージ。
毛先にも軽くオイルをつけてからドライヤーで髪を乾かします。
ドライヤーの熱から頭皮や髪を守れる気がして、パサ付きも少し緩和されたかな…って思います。

もちろん、頭皮だけじゃなく体のかゆみにもいいみたい。
油分の少ない脛や太もも、二の腕あたりによくかゆみが出ますが、使っている間はあんまりかゆみが出ていないような気がします。
太ももにはよくポツポツと小さな湿疹?吹き出物?ができたりするのだけど、出なくなったし。
かゆくなっても掻きむしりたいほど酷いかゆみも出なくなりました。

ユズ種子油

なによりも肌がサラッと潤ってくれるのが嬉しいです。キメの荒かった肌がオイルをつけることでキメの整ったしっとり肌に。写真ではわかりにくいとは思いますが、肌を触ってみると一目瞭然(≧▽≦)

実は私、このユズ種子油でハンドクリームを作ろうかなと思ってたのですが、頭皮や肌のかゆみによさそうなので、このままマッサージオイルとして使おうと思ってます(^◇^*)♪

気になる方は、メール便にも対応している『ユズ種子油19ml』で試してみるのもいいかも♪

詳細・購入はこちらから→ 自然化粧品研究所

株式会社自然化粧品研究所 自然化粧品研究所ファンサイト参加中

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.