健康のために有機JAS認定国産オーガニック青汁【大麦若葉】

有機JAS認定オーガニック青汁
島根県産大麦若葉100%使用した【大麦若葉粉末】を飲んでみました。

大麦若葉

青臭さや苦味はないけれど、私には野菜感(葉野菜)を感じられる濃さがいい感じに思えます。

野菜好きにはたまらない味かなぁ…^^

スポンサーリンク

有機JAS認定国産オーガニック青汁【大麦若葉】の特徴

幼葉を使用で美味しい青汁!

島根県石見地区で栽培された大麦若葉。
石見地区産の大麦若葉は、とても甘くコクがあります。

20〜30cmの幼葉だけを使用した青汁で、細かい粉末(500メッシュ)なので水にサッと溶けて使いやすい!

有機JAS認定マーク付きオーガニック

有機JASマークは、農林水産省によって認定された日本農林規格。
農薬や化学肥料を原則使用しないのは当然ですが、周辺からの農薬の飛散がないか、土地に残留している農薬がないかなど厳しいチェックが行われます。

栄養素が豊富。野菜の補給に。

大麦若葉100gあたりに、葉緑素(クロロフィル)が716mg、食物繊維が41.5g、鉄分が29.1mgも含まれています。その他にもビタミン、ミネラルなどを豊富に含んでいます。

カリウム3,650mg(トマトの17倍)、カルシウム262mg(牛乳の2倍)、食物繊維41.5g(レタスの37倍)

大麦若葉

大麦若葉の飲み方

・野菜ジュース、バナナジュース、ヨーグルトに入れて
・水に混ぜたり、ミルクとハチミツを加えて青汁に
・大麦若葉スプーン1杯2gに対してお水200mlが目安

大麦若葉

1日あたりの摂取目安量は6gで大さじ1杯強です。1回あたりの量はこれの1/3の2gが目安になります。

抹茶のような香りに、抹茶のようなまろやかな味

大麦若葉

大麦若葉スプーン1杯(約2g)を水200ccに溶かしてみました。
冷たい水でもサッと溶けます。

大麦若葉

味は…抹茶のようなまろやかな味と説明されていましたが、「ん?抹茶?」と思ってしまいました。
湯がいて灰汁抜きをした小松菜とか、そういう青物を食べている気がする味。まさに葉もの野菜の味ですw

でも、苦みもないし、クセもないので、美味しく飲めます。
特に私は野菜が大好きで、葉もの野菜も生のまま食べちゃうような人なので、この野菜感がたまらなく好きです。

決して青臭さがあるわけではありません!!!

でも、旦那さんにいわせると「抹茶みたいな味だけど…」ということです。
私の味覚がおかしいってこと!?

大麦若葉

ミルクと混ぜても葉っぱ感はしっかり感じられます♪
野菜を飲んでるみたいでホントに美味しい。

甘党の旦那さんは、ミルクとハチミツをたっぷり入れて飲んでます。
こうすると、抹茶オーレそのものという味になるので、ゴクゴク飲める!と言ってます。
野菜嫌いの人や、お子さんなんかは甘くした方が飲みやすいのかな…と思います。

あと、これはまだ試してないのですが、天ぷらとかを食べるときに、『抹茶塩』で食べたりしますよね。抹茶の代わりにこの大麦若葉の粉末を使ってもいいんじゃないかな〜なんて思うので、今度天ぷらを食べるときに試してみようと思ってます♪

詳細・購入はこちらから→ 京のくすり屋有機JAS認定『 大麦若葉粉末』

京都1948年創業 京のくすり屋ファンサイト参加中

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.