美白も肌荒れもケアできるさらっと潤う美容美白オイル tocohanalogy プラシラ

美白ケアと肌荒れケアが同時にできる美容美白オイル「tocohanalogy プラシラ」を使ってみました。

プラシラ

オイルなのにベタつかない軽いつけ心地で、しっとりすべすべ肌に。
ほのかなアロマの香りにも癒されます。

肌質を問わず誰でも使えるのも魅力です。

スポンサーリンク

tocohanalogy プラシラとは

プラシラ

プラシラは、美白と肌荒れケアを合わせた美容美白オイル。

メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐとともに、日焼けなどによる肌荒れのダメージをケアする、Wホワイトニング処方。

乾燥から肌を守り肌環境を健やかに整えるオリーブ、毛穴の広がりやくすみなどをケアするローズヒップ、皮脂調整をしながら乾燥から肌を守りしっとり肌に導くメドウフォーム、豊富なビタミンで美肌作りを強力にサポートするマカデミアナッツ、ヒトの皮脂に似た成分でさっぱりした感触で保湿力が高いホホバ、優しく角質層へ浸透と抗酸化パワーを発揮するヒマワリの自然由来オイルが、肌本来のチカラを引き出し、透明感ある肌に導きます。

美白、保湿、エモリエント、エイジングケアなど高機能な薬用オイル。

脂性肌・混合肌・普通肌・乾燥肌、すべての肌質で使えます。

パラベン・石油系界面活性剤・鉱物油・合成香料・合成着色料・フェノキシエタノール不使用。

アロマの香り。肌なじみのいいオイルでしっとりすべすべ肌に♪

プラシラ

きれいなブルーの容器で、スポイト式になっています。
優しいアロマの香りがほのかにします。

プラシラ

ちょっぴりとろみがありますが、強いとろみではないので、肌に乗せるとつーっと流れていきます。

するすると広がるほど伸びがよく、浸透もいい。
スーッとしみ込んでしまうと肌はしっとりすべすべ。
肌表面にオイルが残らないから、ベタベタしたりぬるぬるすることもありません^^

さらっとなじむから、夏肌のケアにもぴったり。季節を問わず使えるオイルです。

プラシラ

プラシラは肌質別におすすめの使い方があります。
リーフレットには肌質タイプ診断がついていたのでやってみたら、私の肌は「混合肌」でした。

なので、洗顔後の肌にまずプラシラ2滴 → 化粧水 → 化粧水+プラシラ1滴 → 美容液や乳液という使い方をしてみました。

もともとベタつかないオイルですが、化粧水と混ぜて使うことでさらにベタつかなくなりましたよ^^

プラシラは肌がさらっとするのに、もっちり潤うオイルです。

詳細・購入はこちらから→ tocohanalogy プラシラ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.