豆腐の盛田屋から薬用美白ケアシリーズ「つくも」が新登場!

こだわりの豆乳と椎葉村の美しい湧き水を使用したスキンケアの豆腐の盛田屋さんから、2018年2月1日、薬用美白ケアシリーズ「つくも」が新発売!

つくも

敏感肌にとっては美白有効成分が肌を傷めてしまう原因になることもあります。
そんな敏感肌でも安心して使えるよう、美白と肌荒れの有効成分を配合。

少し敏感に偏っていた肌に使ってみましたが、ピリピリした刺激もなく、しっとりもっちり潤いに満ちた肌になりましたよ。

スポンサーリンク

豆腐の盛田屋 薬用美白ケアシリーズ「つくも」とは

つくも

「つくも」は敏感肌のことを考えた美白豆乳スキンケア。

刺激に弱い敏感肌ゆえに美白ケアをあきらめていた方が、濁りひとつない白く澄み切った肌を目指すため、敏感肌もシミもあきらめたくない女性のために生まれました。

シミをつくらせない・増やさないための美白有効成分「トラネキサム酸」と、肌荒れを繰り返す敏感肌のための消炎有効成分「グリチルリチン酸ジカリウム」を配合することで、敏感肌にもやさしい処方に。

また、透明感のある素肌に導くための成分や、ゆらぎ肌を改善して肌のバリア機能をサポートするための成分、トラネキサム酸の働きをサポートする美容成分もプラスすることで、明るい肌に導きます。

さらに、女性の若々しさに欠かせない女性ホルモンの1種「エストロゲン」と似た働きをする様々な種類の「イソフラボン」を配合。

つくも 薬用豆乳美白ろーしょん <医薬部外品>

つくも

みずみずしい潤いをたっぷり詰め込んだ美白化粧水。

保湿に優れたヒアルロン酸ナトリウムと、アフリカナミブ砂漠で乾燥に耐え、水を与えるとよみがえるため「復活の木」といわれる「ミロタムヌス」に含まれる成分グリセリルグルコシドを配合。

肌を保湿しキメを整えながら、シミ・ソバカスや毛穴の気にならない透けるように澄んだ肌に導きます。

つくも

さらっとしたテクスチャーのローションですが、肌に伸ばすととてもまろやかな感じがします。
浸透もよく、ぐんぐん染み込んで、肌はしっとり。
すぐに完全に浸透してしまうため、肌表面に残ることもないので、ベタベタしません。
キメが整いふっくらとした肌になります。

つくも 薬用豆乳美白美容液 <医薬部外品>

つくも

美白成分をギュッと凝縮したスペシャルな美白美容液。

浸透力を徹底的に追求。
合成界面活性剤は使用せず、水に含まれる油の粒子を細かくすることで、肌なじみがいい使用感を実現。

するすると肌になじみ、美容成分が角質層まで浸透して、肌にハリを与えながら美白パワーを発揮します。

つくも

乳液みたいなテクスチャーの美容液で、ぷるんとした感じもあります。
浸透にこだわっているだけあって、本当に肌にするするとなじんで、しみ込んでいきます。
肌はしっとりもちもちになるのですが、決してベタベタしないところが気に入りました。

つくも 薬用豆乳美白くりぃむ <医薬部外品>

つくも

美白有効成分はもちろん、濃厚な保湿成分を惜しみなく配合した美白クリーム。

食品で使用される界面活性剤を使用。
美白有効成分がシミ・ソバカスを防ぎ、透明感をぐっと引き揚げ、生まれ変わったような上質な明るい肌に導きます。
保湿効果の高いシアバターとグリセリルグルコシド液を配合した濃厚クリームが、肌をなめらかに包み込み、肌の潤いとハリを長時間守ります。

つくも

こっくりとしたテクスチャーの濃厚クリームが、肌にピタッとフィットするように伸びます。
密着する感じがあっても、伸びはいいので肌に摩擦を起こすことがなく、敏感な肌にも安心です。
お肌ふっくらもちもちになるから、ハリと弾力のある若々しい肌になります。

 
今回は初めて使って感じた使用感やテクスチャーを書かせていただきました。
1週間たっぷり試せるトライアルセットなので、1週間ほど使ってみた感想は後日改めて書かせていただきますね。

1日使ってみて感じたのは、つくもには高い保湿力があるということ。
だから、美白ケアは乾燥するし…と今まで苦手に思っていた乾燥肌や敏感肌の方にもピッタリだと思います。

それに、敏感肌にも優しく、安心して使えたのもよかったです。

豆腐の盛田屋
豆腐の盛田屋ファンサイト参加中

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.