ダイエットや健康維持に中鎖脂肪酸油「仙台勝山館MCTオイル」

ダイエットの時は油は厳禁!だと思っていたのですが、今回モニターさせていただいた「仙台勝山館MCTオイル」は中鎖脂肪酸油だから一般の油とは違い、ダイエッターの強い味方になってくれるそうです。

MCTオイル

100%ココナッツを使用しているのですが、ココナッツ特有の甘い匂いや味がないから、どんな飲み物にも、食べ物にも使いやすいオイルになっています。

コーヒーや紅茶などに加えていただいているのですが、味が変わらないのがいいですよ。

スポンサーリンク

仙台勝山館MCTオイルとは

MCTオイル

仙台勝山館MCTオイルは、ココナッツを原料とした中鎖脂肪酸100%、無味無臭の食用油。

中鎖脂肪酸は油を構成する脂肪酸の一種で、ココナッツやパームフルーツといったヤシ科植物の種子の核部分に含まれる自然由来の成分。

ココナッツオイルには約60%の中鎖脂肪酸が含まれていますが、MCTオイルは100%中鎖脂肪酸で構成されています。
そのため、栄養補給の源として、長年にわたり医療現場でも広く利用されています。

一般的な油脂のほとんどに含まれる「長鎖脂肪酸」と比較して、分子の長さが短い「中鎖脂肪酸」は体内で素早く分解され、短時間でエネルギーに変換されるため、身体に蓄積しないといわれています。

また、脳や体のエネルギー源である「ケトン体」を効果的に作り出すため、アスリートの持久力アップや、ダイエッターの糖質制限時のエネルギー補給、高齢の方などにおすすめです。

ニオイや味がないから何にでも合う。だから毎日続けやすい♪

MCTオイル

さらっとしたオイルで気になるようなニオイや味がありません。
だから、どんな飲み物や食べ物の味も損ねることなく、手軽にオイルを摂ることができます。

MCTオイル

私はコーヒーに入れて飲むことが多いのですが、表面に少し油が張ったようになりますが、飲みにくいと感じることなく普通に美味しくいただけています。

MCTオイル

毎日大さじ1杯分くらいをいただいているのですが、お通じにもいいみたいです。
便秘が治ったわけではないけれど、放っておくと1週間お通じがないことも普通にある私でも、時々お通じがありました。

だから、いつもなら年末年始は便秘でお腹がパンパンに張ったり、体重が増えたりしてしまうのですが、今年はそんなことありませんでした^^

それに、油ってやっぱり満足感がありますね。
MCTオイルを摂っていると、食事量が少なくてもそんなに空腹感がないんです。

MCTオイルのホームページには「MCTオイル+糖質制限=無理なく痩せる!」と書かれていたのですが、夢じゃなさそうと思えます♪

詳細・購入はこちらから→ MCTオイル専門店 仙台勝山館ココイル
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.