新発想!サプリで口腔環境を整えるZendaman J,S

毎日ハミガキをしていても、虫歯になったり、歯周病が気になったり。。
はたまた、朝起きた時にお口のネバツキや口臭が気になったり。。

しっかりハミガキをしていても、きっとそれだけではケアをしきれていない…ということなのでしょうね(^^;

でも!

これらのお口の悩みは「菌バランスを整える」ことで解決できるかもしれないんですって。

zendaman

「菌バランス」に着目した新発想のサプリメント「ゼンダマンJ」と「ゼンダマンS」。

Zendamanを舐めて(噛んでもOK)食べることで、お口の環境を整え、善玉を優位に保つサプリメント。

朝起きた時のお口のネバツキや口臭が気にならなくなってきましたよ!

スポンサーリンク

Zendamanとは

zandaman

体内は、善玉菌と悪玉菌のバランスで成り立っています。
Zendamanは、口腔内の菌バランスを助け、善玉優位に保つサプリメント。

世界特許取得の口腔善玉菌を活用した「ゼンダマンJ」と、自然界から発見された3種類の複合菌生成発酵物質を使った「ゼンダマンS」が、普段のハミガキでは届かない奥まで善玉菌を届け、口腔内でしっかり働きます。

ゼンダマンJ

zendaman

ニュージーランドのオタゴ大学で発見された特別な口腔善玉菌、ストレプトコッカス・サリバリウスK12菌とM18菌。

これは、人口のわずか2%の方しか保有していないヒト由来の特別な善玉菌。
この菌を持っている方は、生まれつきエチケット対策を考える必要のない人ともいえます。
ということは、98%の人はエチケット対策をしないといけないとも言えますね。

ゼンダマンJは、善玉菌「K12菌・M18菌」を活用するサプリメント。
独自の活性化技術で、菌のチカラを最大限に高めています。

ゼンダマンS

zendaman

ゼンダマンSは、ゼンダマンJをサポート!

自然界から発見された特別な3種類の複合菌生成発酵物質。
滅菌の役割がありながら、免疫賦活、胃腸の健康を保つことがわかっています。

ゼンダマンSは、悪玉菌が繁殖し難い環境を作ることにより、善玉を成長させやすい基礎環境に整えます。

ゼンダマンJとゼンダマンSを交互に摂ることでお口の環境をしっかり整える!

zendaman

JもSも見た目や香りは一緒で、バニラ風味になっています。

ポリポリ食べると微妙に味は違うのですが、どちらもバニラ味で食べやすいです。

摂取方法は、1日あたり2〜3粒のゼンダマンJとゼンダマンSを交互(1日毎や1週間毎など)に摂ります。

私はこういう口腔ケアサプリは初めてで、お口の中の環境もよくないと思っていたので、1日毎に2粒ずつ飲んでいます。

 
しばらく飲むうちに変化を感じたのは、朝起きた時の口のネバツキや口臭をあまり感じなくなったこと。

就寝前にどれだけしっかりハミガキをしても、朝起きた時に口の中のネバツキや口臭が気になることがあったのですが、それがあまり気にならなくなりました^^

起きたときに爽やか(ってほどでもないかもしれないけれど…(^^;)なのは嬉しいです。

 
あと、、まだ変化は感じられていないのですが、、、

最近歯茎下がりが気になっていて、知覚過敏も進んでいるのです。

ゼンダマンでお口の環境をしっかり整えることで、元気な歯茎になって、歯茎下がりが止まって、できれば前の状態に戻ればいいな…なんて期待もしたりしています。

歯科医にきちんとケアをしたら歯茎は元に戻ります…と言われているので、なおさら期待度も高まります♪

 
ちなみに、今回モニターさせていただいたゼンダマンJとSですが、リニューアルされて「善玉man」になっています。

JとSがひとつになって、より摂取しやすくなっているようです。

味も2種類。
粒タイプはスッキリ食べやすいほのかなライムミント風味で、粉末タイプは食べやすいバニラ風味なんだそうですよ。

Kinber shop(プレミアモード株式会社)
プレミアモードファンサイト参加中

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.