夏の毛穴対策にベタつかずしっかり潤うSQS 高浸透うるおい化粧液!

夏になると毛穴がとっても気になります。

これって、乾燥が原因かもしれません。。

冬はしっかり保湿ケアをしているけれど、夏の肌はベタつきがちで一見潤っているように感じるので、保湿ケアも冬ほど徹底していません。

夏肌はインナードライ状態で、実は肌の内側はカサカサに乾燥していて毛穴が目立っているのかもしれません(><)

そこで、夏肌をしっかり潤してくれる化粧水をモニターさせていただきました。

SQS高浸透化粧液

石澤研究所のSQS 高浸透化粧液!

とろみのある乳液状の化粧液が、開き毛穴にじっくり浸透して集中ケア。
しっとり保湿力があるのにベタつかないから夏でも気持ちよく使うことができます。

スポンサーリンク

SQS 高浸透化粧液の特徴

SQS高浸透化粧液

SQS 高浸透化粧液は、1本でたっぷりうるおってさらっとベタつかない乳白色の化粧液。

肌の奥までうるおいで満たし、キュッとひきしめて、毛穴の目立たない肌に整えます。

SQS高浸透化粧液

ぽっかり開いた毛穴は乾燥や弾力不足で毛穴まわりが落ち込むことが原因。
肌の表面だけでなく、角質層まで潤いで満たすことが大切になります。

SQS 高浸透化粧液は、保湿成分のコラーゲンやヒアルロン酸、ビタミンC誘導体、へちまエキスを配合。

高い浸透力で肌の奥まで入り込み、すみずみまで行き渡った潤いをヒアルロン酸がしっかりキープ、コラーゲンの弾力で乾いてしぼんだ肌を持ち上げるようにハリをアップします。

また、ビタミンC誘導体や天然へちまエキスに加えて、引き締め成分のチャ葉エキス・ハマメリス葉エキス・アルゲエキスが、毛穴が気にならない肌に導きます。

みずみずしい化粧液がすーっと浸透、しっとりハリのある肌に!

SQS高浸透化粧液

少しとろみのある乳液のようなテクスチャーの化粧液です。
特にニオイは感じません。

SQS高浸透化粧液

とろみはありますがみずみずしく緩いテクスチャーなので、肌の上をするするとすべるように広がります。

商品名に高浸透と謳われているだけあって、浸透は早くスーッと肌に染み込んでいきます。

SQS高浸透化粧液

肌はしっとりもちもち。
キメが整い、潤いで満たされているからふっくらとして弾むような弾力も感じます。

保湿力がしっかりあるので、全体的には1回塗り広げ、毛穴が気になる部分や乾燥が気になる部分にはもう1回重ねづけしています。

こうすることで、ベタつきのないしっとり肌をキープすることができます。

しっかり保湿ケアをすることで肌がふっくらとしてハリが出るので、毛穴の開きや弛みも少〜し目立ちにくくなります。

夏だって保湿ケアは大切。
インナードライ肌にならないようしっかりケアしたいですね♪

300mLと大容量、しかもお手頃価格なので、顔だけじゃなくデコルテや手脚などにも使っちゃってます^^

石澤研究所 ファンサイト参加中

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.