さらに染まりやすく、さらに髪にやさしくなったキラリ 白髪用カラートリートメントムース

頭皮が敏感で市販の白髪染めは刺激が強すぎてなかなか使えません。

そんな私でも問題なく使えるのがキラリ 白髪用カラートリートメントなのですが、この度、さらに染まりやすくなったムースタイプのカラートリートメントが新発売になりました。

キラリ

泡タイプの白髪用カラートリートメント【キラリ】は、従来品より染まりやすく、トリートメント効果も高くなって、手軽にしっかり染めたい人に嬉しい製品になっています。

1回の使用でも結構染まるから、さらにコスパも良くなっていますよ♪

スポンサーリンク

キラリ 白髪用カラートリートメントムースの特徴

キラリ

年齢を重ねるごとに白髪やボリュームが気になってくるのは、たんぱく質や水分などの栄養成分が減少するから。

キラリは特許成分の「ヘアケアキューブ」が、キューティクルをはがさず髪の深部へ染料と栄養成分の浸透を促し、内側からハリ・コシのある若々しい印象の髪に導きます。

髪年齢に煌めきと、ハリへ導く19の栄養成分をバランスよく配合。

 ● 浸透保湿・・・ヘアケアキューブ
 ● 補修保湿・・・パンテノール、ガゴメ昆布
 ● 保護・・・水添ナタネ油アルコール
 ● 保湿・・・8種のアミノ酸
 ● 染料・・・クチナシ果実エキス、カンゾウ根エキス、アカミノキ木エキス

髪の毛1本1本に泡が密着するから、しっかり染まる。しかも頭皮も髪も傷みません!

キラリ

コームと手袋がついていましたよ^^

キラリ

缶をよく振って、ノズル部分を下に向けて手に取ります。

キラリ

とろ〜りとしたムースで、触ってみると中の方には気泡が入っていて、ちょっぴりサクッ・ふわっとした感じもあります。

白髪染めによくあるようなツンとしたニオイはなく、ほのかに柑橘系の香りがします。

 
普段使っているキラリ カラートリートメントが素手で使えるものなので、同じように素手に乗せて写真を撮ったのですが、「より染まりやすく」なっている分、手につくと落ちません(><)
手袋をして扱った方がいいようです(^^;

キラリ

1ヶ月ほど前に美容院で染めてもらったところなので、白髪が気になるのはこめかみの生え際だけ。
だから、1プッシュ分でも十分両方のこめかみ部分になじませることができました。

もったりとした泡が髪の毛につくとクリームのようになって絡み付きます。
結構ざっくりと塗ったのですが、きちんと髪になじんでくれています。
コームを使うと髪の毛1本1本までしっかりムースを行き渡らせることができます。

髪の毛からはみ出て皮膚についてしまった場合は、すぐにふき取っておいた方がいいですよ。
シャンプーすると落ちるとは思いますが、万が一きちんと落とせなかった場合、顔にシミができるのは嫌ですもんね(^^;

 
10分ほど置くだけでいいということですが、私は髪の毛が太く染まりにくいので15分放置してみました。

より効果的に染めるには、塗布後シャワーキャップをかぶって、ドライヤーを5〜10分あてて温めるといいようです。

キラリ

たった1回使用するだけで、生え際の白髪がわからなくなりました。

従来品のカラートリートメントよりも染まりやすくなっているというのは本当のようです!

私なんて髪が多くて長いから、最初から髪全体を染めるのは諦めています。
目立ちやすいこめかみ部分や頭頂部分だけが染まればいいと思っているので、1回でこれだけ染まってくれたら、キラリ1本あれば結構長持ちしそう、コスパも高そうです^^

髪の毛も傷んでゴワゴワすることもなく、しっとりしなやか♪

 
そして、キラリといえば、敏感な頭皮にもやさしいのが特徴なのですが、新しいトリートメントムースも、少々荒れている頭皮に使っても染みることも痒みが出ることもありませんでした。

頭皮が敏感な私にとってこの優しさは本当に有り難いです。

キラリ

チューブタイプがいつも使っているカラートリートメント。

どちらも販売されているようですが、これ、使い分けはどんな感じになっているんでしょう?
いずれ、カラートリートメントの方は販売されなくなるのでしょうか?
と、ちょっと思ってしまいました。

新しいムースタイプの方は、素手で扱えなくなってしまいましたが、でもその他の部分では従来品を上回っているので、次に購入するときはムースの方になりそうです♪

詳細・購入はこちらから→ 白髪用カラートリートメント【キラリ】

マリアンナ化粧品ファンサイトファンサイト参加中

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.