知らないうちに肌老化を引き起こす隠れ炎症を鎮めみずみずしい肌に導く薬用美容液ジェル「鎮」

鎮 -shi zu me-は、肌の「隠れ炎症」を鎮めることに注目した薬用美容液ジェル。

隠れジミという言葉はよく耳にしますが、隠れ炎症ってあまり聞いたことがありません。
一体何なのでしょう?

気になりますよね。

でも、隠れジミについては、後ほど。

鎮

鎮は、知らないうちに肌老化を引き起こす「隠れ炎症」を鎮め、ふっくらみずみずしい肌に導く薬用美容液ジェル。

スポンサーリンク

隠れ炎症とは

炎症は、体の自然な防御反応。

肌の内部でも、紫外線、寝不足、乾燥など、日々のさまざまな刺激によって、小さな炎症が発生して、自然に解消されています。

でも、年齢とともに自己回復力が低下すると、炎症によるダメージが解消されないまま溜まっていきます。

こういう「自覚症状のない小さな炎症」は、炭がくすぶっているようなもので、いつポッと火がつくかわからない危険な状態。

だから、小さな炎症のうちに鎮めて、しっかりケアすることが大切になってくるのです。

鎮 -shi zu me- 薬用美容液ジェルの特徴

鎮

薬用美容液 鎮(shi zu me)は、知らないうちに肌老化を引き起こす「隠れ炎症」に着目した薬用美容液。

抗炎症成分のグリチルリチン酸ジカリウムが肌荒れを防ぎ、
極小のヒト型ナノセラミドが角層のすみずみまで行き渡り、肌を潤いで満たしバリア機能をサポートします。

また、水を一滴も使用せず、70%も配合されている酵母エキスがイキイキとしたふっくら肌に整えます。

さらに、肌荒れ防止成分の水溶性ツボクサエキス、保湿成分のヒアルロン酸・コラーゲン、カミツレやトウキンセンカなどの植物エキスが、肌を美しく輝かせます。

しっとり吸い付くようなもち肌になる!

鎮

ジェルクリームみたいで、とろり柔らかなテクスチャー。

ラベンダーやオレンジなどの精油がふんわり香ります。

鎮

洗顔後、化粧水で肌を整えた後に使いました。

とろんとしていて、みずみずしいジェルだから、肌に乗せるととろけるようにするする伸びて肌に広がります。

商品説明には「肌にのせた瞬間、すっと素早く浸透」となっていたのですが、そんなに早くはないかなぁ…という感じでした。

塗った瞬間はかなりベタベタするので、ジェルを押し込むようにハンドプレスして、少し時間をおくとしっかり浸透してくれます。

そうすると、ベタつきはなくなり、しっとり、手のひらに吸い付くようなもちもち肌になります。

鎮

この時期なら、化粧水と鎮ジェルだけで十分でしたし、潤いが長時間続くから1日しっとり潤い肌でいられます。

隠れ炎症のケアに関しては、1ヶ月2ヶ月と使い続けないとわからないとは思うのですが、隠れ炎症に火がつかないようしっかりケアしなきゃ!と思いましたよ^^

ドクタープログラム株式会社さんのブログリポーターに参加中♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.