吸い付くようなモチ肌になれるオールインワン「コンシダーマル スキンライズローション」

オールインワンって忙しい時や疲れているときに、1ステップでケアができてしまうからとっても便利ですよね。

でも、ちょっと物足りない…と思ったりすることがあったりもします(^^;

そんな物足りなさを感じさせないオールインワン化粧品をお試しさせていただきました!

コンシダーマル

コンシダーマル スキンライズローションは、ミルキーなローションが乾燥した肌をしっかり潤し、もっちり吸い付くようなモチ肌にしてくれるオールインワン化粧品です。

スポンサーリンク

コンシダーマル スキンライズローションの特徴

コンシダーマル

コンシダーマル スキンライズローションは、肌内部の「ラメラ構造」を整えることで、トラブルを抱えた肌も自ら潤う肌に導くオールインワン。

 
この「ラメラ構造」って一体何なのでしょうか?

 
肌内部の角質層を拡大すると、水分と油分がミルフィーユ状に交互に重なり、規則正しく並んだ状態になっていて、この状態のことを「ラメラ構造」といいます。

何層にも重なった油分と水分の層(ラメラ構造)が、紫外線などの外部刺激から肌を守り、ハリツヤのある健やかな肌を保つ重要なカギとなります。

 
赤ちゃんの肌モチモチつやつやなのは、このラメラ構造が整っているから!

実は、赤ちゃんの肌は水分量も油分量も成人の1/3しかないそうですよ(@@!

 
コンシダーマルは、ラメラ構造にこだわり、なんと「世界初100%ラメラ構造」で、水分と油分の層が肌表面にうるおいの膜を張り、バリア機能をサポート。

厳選された30種の美容成分が、角質層の深部までぐんぐん浸透し、肌のラメラ構造を整え、肌トラブルに振り回されることのないハリツヤのある自ら潤う肌に導きます。

もちもちハリツヤ肌になれるから、本当にコレ1本でお手入れが完了しちゃいます!

コンシダーマル

白濁したとろ〜り流れるほど柔らかな乳液状のローションで、気になるようなニオイはありません。

こちらは2プッシュ分の量になります。

コンシダーマル

少しとろみはありますが、とてもなめらかなローションなので、肌の上をするするとすべるように広がっていきます。

コンシダーマル

肌に伸ばした瞬間に浸透していく…というほど浸透は速くありません。

肌になじませて、奥まで届け〜とハンドプレスしている間に、じっくりじわじわ浸透していく感じ。

だから、ただ単に肌になじませただけだと、つけた直後はベタベタテカテカしています(^^;

コンシダーマル

でも、しっかり浸透させると、肌はしっとりもちもちになって、吸い付くようなモチ肌になります!

ピタッと吸い付く感じが気になる方は使う量を減らすと、もう少し軽いつけ心地になりますよ。

私はどちらかというとサラッとした感じが好きなので、1プッシュ分でも十分みたいです。
使う量が少なくても、肌はしっかり保湿できているから、一日乾燥知らずで過ごせます。

もちろん、肌がふっくらしてくるから、ハリやツヤもアップ!

肌がしっかり潤って、調子が整ってくると、少しくらいの刺激には反応しない強い肌になってきます♪

オールインワンはなんだか物足りない…と思っている方でも、スキンライズローションは十分満足できるオールインワンだと思いますよ。

詳細・購入はこちらから→ コンシダーマル スキンライズローション

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.