しっとりまとまるサロン品質のアウトバストリートメント「BOTANISTヘアオイル」

空気が乾燥していたり、夏に比べて室温が低いからか髪が乾きにくくドライヤーをかける時間が長くなってしまう…

など、夏の強力な紫外線に負けないくらい、冬も髪が傷んで乾燥してしまいます。

そんな髪の毛の乾燥をしっとりケアしてくれるヘアオイルをモニターさせていただきました。

BOTANISTヘアオイル

BOTANISTヘアオイル は、使用感・保湿・カラー褪色防止・エイジングケアを叶え、熱の力を利用して髪を芯から補修する新感覚ヘアオイル。

爽やかなアップルとピーチの香りのオイルが、ベタつかずしっとり髪をまとめてくれます。

スポンサーリンク

BOTANISTヘアオイルの特徴

BOTANISTヘアオイル

カラーリングや毎日のドライだけでなく、空気の乾燥や紫外線などの環境的な問題でも、キューティクルは傷ついてしまいます。

キューティクルが傷つくと、栄養分や水分が保持できず、ダメージ毛として見た目や手触りに変化を及ぼしてしまいます。

BOTANISTヘアオイルは、キューティクルを守り、髪を補修し、美髪を保つためのアウトバストリートメント。

ボタニストに配合されたヒートアクティブ成分が、キューティクルを破壊する原因の1つである熱に反応し、ダメージ毛に吸着。

髪に疑似キューティクルが作られ、熱のダメージから髪を守るだけでなく、傷んだ髪を補修する役割をします。

 
20種類の天然植物保湿オイルが髪の芯まで潤いを与えて閉じ込め、やわらかで潤いに満ちた艶美髪に仕上げます。

さらに、3種類のカラー褪色防止成分がダメージや褪色の原因から髪を優しく守り、エイジングケア成分が健康な髪に必要な成分をバランスよく毛先に届けます。

ベタつかずしっとりまとまりやすい髪になる

BOTANISTヘアオイル

甘さの中にもスッキリとした感じもあるアップルとピーチの香りがします。

赤いリンゴじゃなくグリーンアップルをイメージさせるようなフレッシュな香りです。

髪になじみやすいさらさらのオイルです。

私の場合はとても髪が多いロングなので、中間から毛先にかけてつけるのに2〜3プッシュ分使いました。

毛先を中心になじませてからドライヤーをかけると、いつもはバシバシになってしまう毛先が、さらっとしました。
毛先以外の髪はしっとりとして、ツヤも出ています。

毛先はたっぷりめにつけましたがベタつくこともありませんでした。

BOTANISTヘアオイルはドライヤーの熱から髪を守ってくれるだけでなく、しっとりするんと滑らかな指通りの髪にしあげてくれますよ♪

株式会社メインラインさんのブログリポーターに参加中♪

詳細・購入はこちらから→ BOTANISTヘアオイル
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.